宮崎市天ケ城歴史民俗資料館

企画展

宮崎市天ケ城歴史民俗資料館開館25周年記念企画展「谷村計介 ~地方から見た西南戦争~」展 

国立国会図書館デジタルアーカイブ

 

「谷村計介」という名前を聞いて、みなさんはどのような人物を想像しますでしょうか?

1853年、ペリーが浦賀に来航して開国を要求するという緊迫したこの年に、薩摩藩領倉岡郷(現在の宮崎市倉岡)に坂元家の二男として生まれました。4歳のころに谷村家の養子となり、谷村姓を名乗ります。

計介は学問や兵学を熱心に修め、いつか自分も戦いの前線に立つことを夢みていました。元号が明治に改まり、明治5年(1872)に明治政府の陸軍軍人として入隊します。

計介は鎮西鎮台(のちの熊本鎮台)に所属しますが、大きな転機となったのが江藤新平を中心として勃発した「佐賀の乱」(1874年)です。自分の身の危険を覚悟して味方の軍を援護した功績が認められ、伍長に昇進します。

その後、台湾出兵(1876年)や神風連の変(1876年)でもその実直な働きぶりが将校たちの目に留まっていきます。明治政府の改革に不満を持つ士族たちが不満を爆発させ、いよいよ現時点では最後の内戦といわれる西南戦争(1877年)が鹿児島・熊本・大分・宮崎で始まります。そして、計介は官軍兵士として従軍します。

おそらく計介の人生でもっとも過酷な命令が下されます。計介の所属する部隊は熊本城籠城戦に応戦していました。籠城は戦いの場でもあり、生活の場でもありました。しかし、いつ終わるか分からない籠城戦は肉体的にも精神的にも疲弊します。食糧や弾薬などの不足、負傷者の手当てなど、戦争と生活が同時並行して進みます。戦う側も、支える側もそれぞれの立場で戦っていたのです。

そんな熊本城籠城の様子を官軍本営に伝えるべく、熊本鎮台司令長官 谷干城は計介にある使命を託します。それは、船隈(現 玉名市)の官軍本営への伝令というものでした。本営までの道のりは薩軍兵士が目を光らせており、大変厳しいものでした。計介は2度の捕縛を経験しましたが、誰もそのときは「官軍兵士 伍長 谷村計介」とは思わなかったようです。

あるときは「百姓」、またあるときは「豆腐屋の息子」と称し、ついには官軍本営にたどり着きます。野津鎮雄少佐の前に立ったときはつい涙を流したと言われています。その勇敢な忠義の心はのちに「軍人亀鑑」として軍人の手本になるのです。

明治10年3月4日、西南戦争最大の決戦のひとつである「田原坂の戦い」が始まります。薩軍は高台から、官軍は平地からの攻撃をそれぞれに仕掛けていきますが、戦いを知っている薩軍が優勢となります。次々と薩軍の銃弾に倒れる官軍兵士たちをみて、計介は感情が高ぶったのでしょう・・・倒れた兵士の銃を持ち、薩軍に向かっていくのです。ですが、薩軍が見逃すはずもありません。四方八方から計介目がけて銃撃を始め、ついに計介は倒れます。田原坂の戦い初日、計介は25歳の若さでこの世を去ります。

計介に関する資料が大変少ないがゆえに、あまり周知されなかった計介の生涯にスポットを当てています。さらに、倉岡周辺での動向や、計介が関わった熊本籠城戦と田原坂の戦いについてもご紹介します。今回は宮崎県総合博物館より「谷村計介直筆書状」、熊本城調査研究センターより熊本城籠城時の発掘調査出土品(軍事資料、生活用品、筆記具など)など大変貴重な資料をお借りし、展示することが叶いました。

この企画展をきっかけに、宮崎市出身のもう1人の「偉人」を知っていただけたら幸いです。

企画展「高岡の指定文化財展」開催

山城、石橋、仁王様、イチョウや梅・・・高岡に残る文化財の中で特に重要なものとして指定された文化財28件を一挙ご紹介します。名前は聞いたことがあるけど、どのような文化財なのか・・・。どこに所在しているのか・・・。高岡の礎はこれらの文化財なしには語れません。人々の志や知恵がつまった文化財は、いつしか私たちの生活に溶け込む一方で、その存在が忘れられているのも実情です。 文化財を通して高岡の町を知っていただきたい、高岡に親しみをもっていただきたい・・・そんな思いでこの企画展を開催いたします。 会期中は休館日を設けず、見学することができます。お花見がてら資料館へもお立ち寄りいただき、ぜひ高岡の「おたから」もご覧ください。企画展チラシ

毎年恒例!「なつかしい!知恵がつまった昔の道具展」 間もなく開催☆

「昔の道具」が今年も企画展示室を埋め尽くします。今でこそまったく使われなくなった道具は、まさに今の私たちが使う道具の原点です。

今のくらしを見つめ直す・・・この企画展の最大のコンセプトです。先人の知恵・工夫・研究ときには苦悩や00522失敗もしながら、ある目的を達成するために生み出された道具が、日々のくらしから社会の発展まで、幅広く寄与していることを改めて感じでください。

また、当協会が推進する「回想法事業」
や、当館独自の事業である「授業支援事業」と連動しています。実際に使っていた、または家にあって父母や祖父母が使っていたところ
を見た・・・。思い出して懐かしみ、語らう場として、この企画展を活用してください。福祉施設や地域の高齢者グループなど、お出かけがてらぜひ当館をご利用く
ださい。

授業支援では、小学校3年生の社会科で学習する「古い道具と昔のくらし」の内容と関連しています。教科書には載っていない道具も展示しています。使い方を考えたり、くらしがどのように変わったかをまとめてみたり・・・授業の内容に深みを与え、子どもたちの「気づき」を促す場でもありますので、ぜひご来館ください。

秋の企画展「なつかしのおやつ展」開催!!

子どものころ・・・思い出してみませんか?

学校、ともだち、家族、ふるさとの風景・・・さまざまな光景が思い出されます。回想すると、心が温かくなりますね。

その「なつかしさ」を今回は「おやつ」「あそび」をテーマにして、展示を試みました。昭和という64年も続いた時代に、子どもたちの中でどのようにおやつが位置づけられていたのか・・・。また、菓子製造企業が子どもたちの健全育成を考えて栄養面・衛生面に配慮したお菓子を開発し、またその宣伝広告にも工夫を凝らした動きについてもご紹介します。

お母さん、おばあちゃんの愛情たっぷり手作りおやつは、素朴だけど温かくてホッとしますね。60~70代の方への聞き取りをしたところ、「ふかしいも」「ふくれがし」(蒸しパン)「きな粉揚げパン」などが上位に上がりました。そんな懐かしいおやつを、ワークショップで作ります^^(10月29日、定員に達しましたので、受付を終了しました。)

紙芝居は子どもたちを引き付けるほど魅力的な娯楽でした。お駄賃握りしめて、水あめなどのお菓子をもらい、紙芝居おじさんが情緒豊かに読み聞かせる・・・そんな昭和の平和な風景を思い浮かべてみませんか?宮崎県総合博物館から借用した紙芝居自転車も必見です。

さあ、昭和にタイムスリップして、メンコやコマの遊び体験をしながらあなたの「こどものころ」を思い出して、語らってくださいね。016015

夏の企画展「見せます!出します!天ケ城蔵出し展」 いよいよ開催!!

当館に所蔵するさまざまなジャンルの資料は、総数約5000点。

その中でも、学芸員が「イチオシ」する貴重な資料をご紹介します。

お菓子の「兵六餅」でおなじみの「大石兵六夢物語絵巻」には、妖怪退治に挑む兵六と、ユーモラスな妖怪たちの描写が色鮮やかに表現されており、思わず笑ってしまう資料です。

その他、戦争関連資料や今は伝承されなくなった花見神楽の面(宮崎市指定有形民俗文化財)。さらには郷土の偉人コーナーとして、高木兼寛関連資料の紹介など、盛りだくさんとなっております。

会期中は一部を展示替えいたしますので、その変化もお楽しみください。00460

さらに、会期中の毎週土日と祝日は小学生

以下の子どもたちを対象したクイズラリーを行います^^展示をクイズを解きながら楽しく
見てみませんか?できた子どもたちには、おみやげがありますよ^^

さらに、ワークショップとして、8月27日(土)に海軍医カレー
作り
を実施します。こちらは、後日詳細をアップしますので、お楽しみに~~。。

 

企画展「回想たかおか展」のおしらせ

記憶・・・心の中にいつまでも残る、「わたしの足跡」。ふと、思い出すと笑顔になれたり、涙することもあるでしょう。だから、大切に心の引き出しにしまって、お守りのように温めておく・・・。

当館に所蔵する古い記録(写真、雑誌類、音声・映像資料)を集めてみました。高岡のかつての息吹、感じてください。

ふるさとのかつての姿を次の世代へ語り継ぎ、ふるさとを見つめ直す大変よい機会です。そして、回想することで気持ちが元気になる効果もあります。

さあ、思う存分「あの日のたかおか」をお楽しみください。

併設して、「高岡のこの人」と題したミニ展示も実施します。今回は、政治家・二見甚郷(ふたみ やすさと)にクローズ・アップ!!


00454

【期間】
6月4日(土)~7月3日(日)
【場所】
資料館1階 企画展示室
【時間】
午前9時~午後4時30分
【入場料】
無料

企画展「たかおか草花さんぽ」展 始まります!!

00449道端で、公園で見かけるさまざまな植物・・・。

そんな植物に目向けた企画展を開催します。。。

高岡の春ならではのお花スポットは、楽しい行楽のヒントになります^^

そして、高岡を含む大淀川流域の植物標本を大淀川学習館からお借りして展示しますよ~~☆

高岡はかつて薩摩藩の統制下におかれた地。島津氏ゆかりの植物があるんです。そんな歴史を関連する植物にも目を向けます。

また、生活に応用できる植物活用法をご紹介し、植物の楽しみ方をもっと幅広く知っていただくきっかけを提供します。。。。

期間中は、5月4日(水)に草木染め、5月5日(木)に草もち作りのヨモギづくしのワークショップも開催!!

GWはどうぞ天ケ城へ!!お待ちしております~~♪

冬の企画展「昔の道具展」のお知らせ

「昔の道具」をじっくり見てみませんか?

なつかしさで心がなごみ、新鮮さでワクワクする気持ちになり・・・。

世代を超えて、この企画展が語らいの場になれば、こんなにうれしいことはありません。

今回の展示では、真空管を使ったラジオやテレビなどのレトロ家電、大判カメラや映写機などの珍しい精密機器類、日常生活に欠かせないさまざまな道具、当館の自慢の一つでもある消防団関連の資料、懐かしい学校関連資料など、幅広い分野で活躍した道具や関連する写真等、総数約160点を一挙公開します!!

00439(←ここをクリック♪)

 

【期間】
平成27年12月12日(土)~平成28年2月14日(日)
【場所】
天ケ城歴史民俗資料館 1階 企画展示室
【時間】
午前9時から午後4時30分まで
【入場料】
無料

秋の企画展「高岡の絵描きさん展」、始まります☆

名だたる画家の作品が、この天ケ城に収蔵していることを、多くの方はご存じないのではないでしょうか。

この秋、当館は小さなアートギャラリーとして、皆様をお迎えします。

吉加江京司は多くの社会問題をテーマとした抽象画を残し、特に「母子像」シリーズは、見る者を圧倒させる迫力満点の作品です。

伊達孝太郎の鋭い観察眼から生み出された緻密な画風は、本当にキャンパスから飛び出すのではないかと錯覚するような味わいです。

雨田正は「透明水彩」の画法で、清らかな水彩画の数々を残しました。県内各地の風景画の中に、高岡の町を見下ろす作品があるのです。

野崎哲は、墨やボールペンで高岡のくらしや民俗芸能を軽やかに描きました。高岡に根差し、高岡を愛する気持ちが作品に表れます。

富山栄子は、数多くの受賞歴を持つ女流作家ですが、日本画を基本とした幻想的で流麗な作風で、独特な世界を展開しています。

それぞれに違う作風を楽しむのもまた一興。じっくりと鑑賞のひとときをお楽しみください。

あわせて、11月1日(日)にワークショップ「草木染め」も実施します^^

事前申し込みが必要ですので、興味のある方はぜひ一緒に草木染めをしませんか??00434

【期間】
平成27年10月17日(土)~平成27年11月23日(月・祝)
【場所】
当館1階企画展示室
【時間】
9:00~16:30
【入場料】
無料

夏の企画展「たのしい かがやき おどろき かんどう 平成版 高岡名勝志展」スタート!! 

『高岡名勝志』という古文書を開くと・・・今でも生活に溶け込み、人々の憩いの場として活用される神社・仏閣・名勝に関する記録が詳しく書かれています。天ケ城などの山城、粟野神社、月知梅(げっちばい)、仁王像など・・・。普段何気なく見ている文化財を高岡の「いいところ」「見どころ」として捉え、改めてふるさとのよさを見つめ直してみませんか?帰省・行楽シーズンでもあるので、「懐かしいなあ」「ここで遊んだなあ」「行ってみよう」の気持ちにつなげたい・・・。古文書の記録を、豊富な写真やパネル、収蔵資料で視覚的に立体的にご紹介します。また、高岡が生んだ医学者 高木兼寛の関連資料も公開し、兼寛の医学への姿勢に触れる絶好の機会でもあります。2本立ての企画展、この夏「たかおかに」どっぷり浸ってみてはいかがでしょうか。00431

【期間】
平成27年7月18日(土)~平成27年9月23日(水・祝)
【場所】
天ケ城歴史民俗資料館 1階企画展示室
【時間】
9:00~16:30
【入場料】
無料
ページトップへ