宮崎市天ケ城歴史民俗資料館

企画展

秋の企画展「高岡の絵描きさん展」、始まります☆

名だたる画家の作品が、この天ケ城に収蔵していることを、多くの方はご存じないのではないでしょうか。

この秋、当館は小さなアートギャラリーとして、皆様をお迎えします。

吉加江京司は多くの社会問題をテーマとした抽象画を残し、特に「母子像」シリーズは、見る者を圧倒させる迫力満点の作品です。

伊達孝太郎の鋭い観察眼から生み出された緻密な画風は、本当にキャンパスから飛び出すのではないかと錯覚するような味わいです。

雨田正は「透明水彩」の画法で、清らかな水彩画の数々を残しました。県内各地の風景画の中に、高岡の町を見下ろす作品があるのです。

野崎哲は、墨やボールペンで高岡のくらしや民俗芸能を軽やかに描きました。高岡に根差し、高岡を愛する気持ちが作品に表れます。

富山栄子は、数多くの受賞歴を持つ女流作家ですが、日本画を基本とした幻想的で流麗な作風で、独特な世界を展開しています。

それぞれに違う作風を楽しむのもまた一興。じっくりと鑑賞のひとときをお楽しみください。

あわせて、11月1日(日)にワークショップ「草木染め」も実施します^^

事前申し込みが必要ですので、興味のある方はぜひ一緒に草木染めをしませんか??00434

【期間】
平成27年10月17日(土)~平成27年11月23日(月・祝)
【場所】
当館1階企画展示室
【開館時間】
9:00~16:30
【入場料】
無料
ページトップへ